医療法人一元会 松井山手西川歯科医院 ペリオ・インプラントクリニック インビザライン矯正

インビザライン矯正

  •   >  
  • インビザライン矯正
INVISALIGN

インビザライン矯正

従来のメタルもしくはセラミックスブラケットとワイヤーを用いる矯正に変わる新しい矯正治療システムです。
全ての症例には対応できませんが、今までの矯正治療に審美的にご不満の方には有効な治療方法です。
インビザライン治療と前後に通常の矯正治療を併用することにより、 通常矯正治療の期間短縮する方法もあります。

インビザライン治療症例

主訴・前歯は空いていて噛み切れない。顎関節症。
矯正治療後、ホワイトニング、コンポジットレジン、e-maxにより処置。
治療終了後顎関節症は全く再発していない。

インビザライン治療に関するQ&A

インビザライン治療において、患者さんからよくご質問を受ける事項をQ&A形式で書きだしてみました。

  • インビザライン治療は痛いですか?

    スタート時、歯が動き出す初期の1週間程度は歯が浮いたような感じがでることがありますが、それ以降、 次のアライナー交換時に一時的に違和感が出ることがありますが、直ぐに消失します。
    一般的にマルチブラケット、ワイヤー矯正と比較すると低いと言われています。
    ご安心下さい。

  • 違和感は?

    口腔内にマウスピースをほぼ1日中装着するわけですから、違和感無いとは言えません。
    一時的に通常のマルチブラケット、ワイヤーを用いる方法での矯正治療を併用した患者さんの感想ですと、 通常の矯正治療、内側にブラケット装着するリンガルアプローチとは比較にならないくらい快適だそうです。
    外して食事ができる、歯ブラシができるという事も大きなメリットです。

  • 治療期間は?

    同時に比較することは不可能ですが、実際に治療行った感覚では、通常のマルチブラケット、ワイヤーを用いる方法と同等だと思います。
    しかしながら、抜歯を伴う必要がある場合は少し期間がかかるような感じもします。
    このような場合、一時的に通常のマルチブラケット、ワイヤーによる矯正を併用すした方がよい場合があります。

  • 費用は?

    一概にいえません
    インビザライン単独で治療可能なのか、通常のマルチブラケット、ワイヤーによる矯正治療を一時的に併用したほうがよいのか、 検査、診査、診断後のコンサルテーションとなります。

  • 適応年齢は?

    一般には永久歯に対して行います。
    また、患者さんご自身で着脱自由なので、自分でしっかり管理できるような年齢、おおよそ中学2~3年生以上を対象と少なくとも当医院では考えていますが、 大人でも前述の事が順守できないなら治療不可となります。
    また、Q8のインビザライン治療のデメリットでも述べますが、早期に対応すべき幼少期よりの骨格性の不正咬合(例えば受け口など)は対応不可となります。

  • インビザライン治療のデメリットは?

    マルチブラケット、ワイヤー矯正と比較すると苦手とする場合歯牙移動があります。
    このような場合、型とりを繰り返してアライナーを新しく作り変えたり、一時的にマルチブラケット、ワイヤーを用いた通常矯正を行う場合があります。
    通常のマルチブラケット、ワイヤー矯正でも、状況に応じて次々とブラケット、ワイヤー交換行いますから、特に問題はありません。
    患者さんご自身で着脱可能なことがい大きなメリットでありますが、逆にデメリットでもあります。
    これは患者さんが指示通りに装着しないと効果が出ないということです。
    この点はご注意下さい。
    大きなメリットのあるインビザライン治療ですが、当医院の今までの臨床例からの見解として、 インビザライン単独で治療可能なケースは永久歯に対する矯正治療全体の40%程度、一部マルチブラケット、 ワイヤーを用いる矯正併用で可能なケースが残り40%という感じでしょうか。
    残りは通常の方法での対応となります。
    詳細は診査後となります。

  • インビザライン治療において大事なことは?

    インプラントのQ&Aにも記しましたが、患者さんのやる気が大きいです。
    我々歯科医院スタッフは全力で患者さんの治療を行いたいと考えていますが、ご本人に「その気」がなければ一人相撲でどうすることもできません。
    これは歯科治療、いや医療全般に言えるのではないでしょうか。

インビザラインに関して詳しくはこちら →

↑ページトップへ