医療法人一元会 松井山手西川歯科医院 ペリオ・インプラントクリニック インビザライン矯正

インプラント治療

  •   >  
  • インプラント治療
IMPLANT

インプラント治療

今日、インプラントは非常に有効な治療方法の一つではありますが、当医院では、なんでもかんでもインプラントという考えには反対です。
そこにインプラント治療を行う明確な理由が必要です。
選択肢の一つにしかすぎません。

インプラント治療を数多く手がける私が言うのもなんですが、インプラント治療は治療方法のいちオプションにしか過ぎません。
インプラント治療は本来、歯科の総合力が問われる分野であり、トップダウントリートメント、補綴主導型と言い、まず補綴物の位置決めを行い、その位置的要求からインプラント埋入位置を決定するというコンセプトが主流であり、その実現には歯周治療など複雑な付帯的治療が必要となる場合が多いです。
ただ単にインプラントを埋入出来ればそれで終わりと言うものでは決してありません。
また、昨今の情報過多の中、患者さんご自身のインプラントに対する安易な解釈や混乱、それに加え、他医院におけるこれまた安易な治療が不幸な結果を引き起こし、相談に来院されるケースも散見されます。
インプラント治療は安易に考えるべき治療では決して無く、いくらインプラント治療をご希望されても、インプラント治療に対しての十分な理解と、治療後のケアを行ってゆく事が必須であり、それらが困難ならインプラント治療自体を避けたほうが良いです。
まず、大前提として、この事を十分ご理解ください。

歯科医はまず歯牙を保存する事に力を注ぐべきであり、
実施するには、根管治療、矯正治療、歯周外科治療など、ある意味インプラント治療よりはるかに多くの知識、技術、経験が必要であり、これらもできない歯科医が安易にインプラント治療を手がける事自体疑問です。
歯牙保存に関して説明なく、抜歯して直ぐインプラントと説明受けられ、不審に思い当医院受診、結果、インプラント治療回避という事案も発生しています。
逆に無茶な歯牙移植、破折歯牙の保存に努めたものの短期間で問題再発で当医院受診というケースもあります。 修復不可能な歯牙の破折など、様々な方策を講じても保存不可能、しっかり元の歯牙と同様の機能と審美を回復したい、入れ歯を回避したい、ブリッジ治療のように自身の歯牙の削合を回避したいなどの要望がある場合、インプラントは非常に有効な治療方法です。
治療終了後の成功率は直近5年で(2017年7月現在)100%、歯牙移植、歯根破折歯の保存の予後は70〜80%程度(あくまでも正確なプロトコルに沿って行われた場合)と言われています。

人工歯根、インプラントはチタニウム製のインプラント体を歯牙欠損部顎骨に埋め込む事により、喪失した機能、審美回復のための治療手段として非常に有効です。
治療後5年以上の予後も98%以上あると思われ、安心できる治療です。
他の歯牙への負担なしに単独で機能させることが可能であり、ご自身の本来の歯牙と同等以上に機能回復させることが可能な有効な治療手段の一つです。
いいえ、選択肢の一つでしかありません。
インプラント治療を考える前に、まず、歯を保存可能なら保存することを第一に考えるべきです。
歯を残すことに歯科医の本質が問われると、少なくとも私は考えます。
短期的な治療計画を考えるのではなく、中長期的な治療計画を考えるべきなのです。
いきなりインプラント治療を考えるのではなく、時間稼ぎのための治療というのもありえるでしょう。
他医院で行われた、欠損部位に即インプラントみたいなケースをちょくちょく目にしますが、本来、インプラント治療にはインプラント治療以外の様々な知識、技術、経験が必要です。
抜歯の前に、本当にその歯を残す事を考えたのか、そもそも歯周病の項目でも述べましたが、残すだけの知識、技術があったのかどうか?
昨今、インプラント治療のトラブルが報道されており、みなさんもご覧になったことがあるかと思います。
その様な情報を元に、「インプラント治療はダメなのでしょう。」と最初からバイアスがかかった状態で来院される方もおられます。
これは、歯科医による安易な、そして稚拙なインプラント治療ももちろんありますが、残念ながら患者さん自身の安易な考え、認識、理解不足からくるトラブルのマイナススパイラル拡大も多いです。
このことが、インプラント自体の評価低下を招いていることは非常に残念です。

インプラント治療は、少なくとも外科処置を含む歯周病のマネージメント、難易度中程度(水平埋伏、真横に生えている状態など)の親知らず抜歯もできない歯科医が行うべき治療ではありません。
補綴、咬合、その他の総合力が問われるのは言うまでもありません。
患者さんの中にはインプラント治療を避けた方がよい、行うべきでない方もおられます。
少なくとも、治療中、治療後において、処置部位安定のためのいくつかのお約束を遵守していただけない方はインプラント治療行うべきでないと思います。
全身疾患既往歴のある患者さんは、主治医の先生とご相談しながら治療可能となる場合もありますのでご相談下さい。
(インプラント治療に限らず、治療全般に言える事ですが。)

そもそも体内にチタニウム製人工物を埋め込む事自体は、骨折治療、人工股関節置換治療など、整形外科分野などで幅広く行われています。
これは有用な治療方法手段のひとつではでありますが、少なくとも当医院では、歯牙の喪失があった場合、なによりもまず第一選択としてインプラント治療を考えてはいません。
昨今、安直に、乏しい知識や稚拙な技術によるインプラント治療トラブルも多数発生し、当医院にご相談に来られる患者さんも多く、残念な状態を見ることがあります。
当医院では、まず、治療を行うに当たり徹底的な検査を行います。
この際、必要に応じて歯科用より遥かに性能の高い医科用CT、MRI撮影を外部病院に委託し、そのデータを解析、精査した結果から、科学的根拠に基づいた治療計画を立案します。
その後、手術方法の検討を行い、患者さんに対する十分なカウンセリングを行ってから初めて処置開始します。

当医院ではより幅広い治療に対応するために、従来のBiomet 3i(U.S.A)、ITI(swiss)に加え、国内外の数あるインプラントメーカーから新たにASTRA TECH Implant System™(sweden)を選択し、治療を開始しました。
当医院のこだわりは世界基準です。

ASTRA TECH IMPLANT SYSTEM/BIOMET3i/ATLANTIS/SIMPLANT

ASTRA TECH Implant System に関して詳しくはこちら →
Biomet 3i に関して詳しくはこちら →
ITI に関して詳しくはこちら →

アトランティスアバットメント Beyond CAD/CAM
一人一人の症例に合わせたオリジナルを

デジタルオープンソリューションの一環として、デンツプライインプラントは患者個別の優れた補綴ソリューションをお届けします。
アトランティスアバットメントは、主要インプラントシステムに対する、セメント固定式およびスクリュー固定式ソリューションをサポートして、高い機能性と審美性をご提案いたします。
なぜアトランティスアバットメントを選択するべきなのでしょうか。
それは、アトランティスアバットメントが、優れた補綴ソリューションに必要なデザインパラメーターを考慮しているからです。
アトランティスアバットメントは、特許を取得したアトランティスVAD(バーチャルアバットメントデザイン)ソフトウェア上で、個別の欠損スペース、周囲の歯や軟組織形態を考慮して、最終歯牙形態をもとにデザインされています。
これらの要素を考慮することで、出来あがったインプラント補綴物は天然歯の機能と外観を再現します。
--- 以上、アトランティスアバットメントパンフレットより抜粋 ---

当医院では、アストラインプラント、Biomet 3iインプラントの両方に対応しており、今までの安価なサードパーティー製のものとは一線を画する適合精度、機能性、審美性、破損時の独自の保証システムに基づいて採用しており、良好な臨床実績、成績を得ています。

全ての歯牙を失った方でも、全てをインプラント治療で、元々あったご自身の歯牙と全く同じ機能、審美回復できるケース、現在、総入れ歯をご使用中で、その入れ歯にご不満をお持ちの方も、数本のインプラントと入れ歯を組み合わせる治療(インプラントオーバーデンチャー)で格段に機能回復可能なケース、さらに、ブリッジのように歯牙を削らず、単独で処置するケースなど、多彩に応用可能です。

インプラント治療そのものは、その治療ステップがマニュアル化されており、骨の状態が通常で、ごくスタンダードな手術方法の場合、手術時間は2〜3本でしたら30分以内で終了可能です。
私個人的な感想としては、歯牙形成、神経治療の方がよほど細かく、時間のかかる治療だと考えています。
骨との結合のための待ち時間は、上顎の場合4〜5ヶ月、下顎の場合3〜4ヶ月であり、通常、この期間に加え2〜3ヶ月以内で治療終了となります。
骨の移植等、この他、複雑な治療が絡む場合はこの限りではありません。

骨の厚みがなく、インプラント治療できないと言われた患者さんも、当医院に一度ご相談下さい。
骨が無いからインプラントできないと言うのは、その歯科医の問題であり、インプラント治療が可能かどうかは別次元の問題です。
骨の移植により、インプラント治療可能となるケースも多いです。

当入れ歯でお困りの方はご相談下さい。

様々な解決方法がご提案可能です。
ゼスト・ロケーターシステムは通常のインプラントに接続して入れ歯を安定させるシステムです。
また、専用インプラントを使用することにより、今までよりも低コストでの治療が可能です。

  • ゼスト・ロケーターシステム

  • ゼストインプラントシステム

  • ミニダルロ

  • ミニダルロ

  • ドルダーバー

  • ドルダーバー

  • ドルダーバー

外傷による上顎左右11抜歯後即時インプラント+インビザライン矯正治療症例

インプラント治療時にはチタンメッシュ+人工骨による大掛かりな骨移植を行っている。

  • インプラント治療直後のレントゲン写真。網目状のものがチタンメッシュ、ピンで骨に固定。

  • インプラント2次治療後、歯周組織移植などを行い、歯間乳頭が再生された。

アトランティスシステムにより、ジルコニアアバットメントがCAD/CAMにより作製された。
アトランティスのガイドにより正確に位置決め可能。

  • ジルコニアアバットメント上に装着されたプロビジョナル、矯正治療は継続。

インビザライン矯正治療後、上顎左右2矮小歯に対してラミネートベニア治療

インプラント治療時にはチタンメッシュ+人工骨による大掛かりな骨移植を行っている。

  • インプラント治療直後のレントゲン写真。網目状のものがチタンメッシュ、ピンで骨に固定。

  • プロビジョナル装着したが、歯肉ラインが合っていない。

  • マイクロスコープ下による歯肉形成。
    この様な微細な事にこだわる必要がある。

  • インビザラインで矯正治療中。
    歯肉形成により左右2のマージンがそろえられ、オールセラミックラミネートベニアが装着されている。

骨増成手術サイナスリフト

サイナスリフトにはソケットリフト法、ラテラル法、バーティカル法、その他様々な方法があるが、状況によって使い分ける。
移植骨は、自家骨が一番良いのだが、採取部位、すなわちドナーサイトが患者さんに負担かけることと、採取量に限界あるので、Biooss単体、もしくは混合して使用する。
この他、βTCPを用いる方法もあるが、当医院では現在使用していない。
同種他家骨、アパタイト系は一度も使用した事ない。
いずれにせよ、サイナスリフトはインプラント治療自体よりも非常に高度な技術が必要となる。

治療参考例はこちら

現在、世界には200社を超えるインプラントメーカーが存在し、日本へは厚生労働省認可としては約30社のものが認められています。それ以外は歯科医の個人責任による個人輸入です。

正直、よく分からない某国メーカーや、いつのまにか撤退、倒産、消滅していて、アフターケアが不可能になるものや、中には劣悪な製品ゆえの長期安定性に欠けるものも存在します。
ただし、世界的な知名度、シェアを有していても、日本では全く無名であるものや、逆に、日本では知名度、シェア共に高くとも世界的には全く無名なものもあり、シェア順位が高いほうが優れているということでは全く無いので、誤解されませんように。
これは営業戦略で無茶なディスカウントしたり、色々な方法をとっているメーカーも多いので...。

インプラント治療を行おうと考えられる場合、その歯科医院がどこのインプラントメーカーのものを使用しているのか確認されたほうがいいです。
中には、ホームセンターで販売されているネジの方がいいようなものもありますので。

また、世界中のシェアについて、アメリカ市場のものではありますが、市場規模が日本は200億円に対し、アメリカでは1000億円なので、ほぼ世界の勢力図を反映していると思われます。

一つのメーカーで複数タイプのインプラント取扱があり、統計は合算のものです。
結局上位5社で70%以上のシェアなのは、日本国内と同様です。
市場規模から分かる通り、人口比とは相似関係にはありません。
また、日本国内でそこそこシェアがあるものでも、世界的にはその他扱いになっているもの、規模が全く小さく泡沫的なものも多く、日本のインプラント治療におけるガラパゴス化が見受けられます。

インプラント治療に関するQ&A

インプラント治療において、患者さんからよくご質問を受ける事項をQ&A形式で書きだしてみました。

  • そもそもインプラント治療とは?

    インプラント治療とは、顎骨内にチタニウム製のネジを埋め込み、その上部に歯を作ることにより機能的、審美的口腔環境の回復を目指すものです。
    30年以上の歴史があり、特にこの20年くらいは周辺他分野も含めて飛躍的に進歩してきています。
    当医院でも開院以来インプラント治療を行っており、古いものですと17年以上フォロー中ですが問題ありません。
    骨内にチタニウム製の骨折時にプレートを入れたり、人工股関節治療と基本的には同じです。

    適応症として、
    • 歯牙喪失が起きた場合、前後の歯牙にたよったブリッジ治療が歯牙の状況が悪く困難、また最後方に歯牙なくブリッジ治療不可能な場合。
    • ブリッジ治療が可能でも、歯牙削りたくない場合。
    • 他の歯牙に負荷をかけたくない場合。
    • 入れ歯による治療では、違和感が大きかったり、機能的、審美的にご不満がある場合。
    • その他。

    この様にインプラント治療は大きなメリットのある治療ですが、歯科治療においては治療オプションの一つにしか過ぎません。
    本来、様々な診査、診断のもと、的確な技術にて行わなければならない治療です。
    したがいまして、歯科医側にインプラント治療以外の治療知識、経験、技術が必要であることが大前提となります。

  • インプラント治療は痛いですか?腫れますか?

    局部麻酔科で処置を行いますので、処置中は全く傷みありません。
    処置的には抜歯の逆の事を行うわけです。
    痛み、腫れに関してはかなり個人差がありますが、処置後全く痛まない、腫れないないというとウソになりますが、 今まで、物凄く腫れた、痛みが出て大変なことになったとい うケースは皆無です。
    ご安心下さい。

  • 処置には時間がかかりますか?

    インプラント治療と言っても様々です。
    当医院では、年間相当数のインプラント治療を手がけているため、熟練度は高くスピーディーな処置可能と自負しています。
    迅速な処置時間は口腔内という特殊な環境下において、感染リスクの低下という意味で大変重要です。
    単純に2~3本のインプラント治療行うケースなら、実質的な処置時間は30分程度です。
    しかしながら、術前術後の準備・処置時間も考えると1時間程度の治療時間は必要とお考え下さい。
    骨造成、移植を伴う必要がある処置の場合はもう少し必要ですが、それでも概ね1時間以内です。
    ご安心下さい。

  • 治療期間は?

    これも2つ目のQと同じく一概には言えませんが、顎骨が標準的な状態の場合下顎なら3~4ヶ月、上顎で5~6ヶ月の待機時間が必要です。
    骨造成、移植を伴う必要があり、2回に分けて処置を行う必要がある場合にはトータルで1年以上かかる場合もあります。
    即時荷重と言って、インプラント処置と同時に仮歯を入れる方法もありますが、なかなか日本人においては規定のトルクで埋入でき、 適応となるケースは経験上少ないように思われます。
    骨折した場合、一定期間ギブス等で固定し、安静が必要なのと同じ事です。
    あわてて結局失敗してまたやり直しとならないよう、慎重な対応をとるケースがほとんどですので、ここはご了承下さい。
    また、事故等外傷による歯牙消失の場合以外でインプラント治療が必要な患者さんは多くの場合、他の部位にも大きな問題をかかえている事がほとんどですので、 その治療の期間も必要となります。

  • 長期間もちますか?

    当医院において正確な統計はないですが、開院以来、約98%以上のインプラントが問題なく機能しています。
    しかしながら、この様ないい状態を維持するには患者さんご自身の協力が不可欠です。
    ご指導した内容でのご自身のケア、定期的なメインテナンス、その他長期安定を得るための約束事は順守願います。

  • 治療保証は?

    当医院ではインプラント治療に限らず、保険外診療は治療契約書、治療保証書記載内容にて治療保証をお約束しています。 インプラントメーカーのサポートもありますのでご安心下さい。 定期的なメインテナンスでは、当医院のスタッフも含め全力でサポートいたしますのでご安心下さい。

  • 費用は?

    一概にいえません。
    どの部位に、どのような設計で、何本のインプラントを用いて、どのような材質の上部構造を装着するのか、骨の造成、移植、 その他付帯的な処置が必要なのかによって全く変わってきます。
    インプラントを用いる義歯の場合は比較的安価に治療可能な場合もあります。
    ご来院いただいて、検査、診査、治療計画の立案、インプラント治療以外の治療オプションも含めたコンサルテーション行い、  十分ご納得の上で治療開始させていただきます。
    敢えて言いますが、当医院ではインプラントは非常に有効な治療手段ですが、それが全てではないと考えています。

  • 適応年齢は?

    少なくとも20歳以上からとさせていただいております。
    若年者へのインプラント治療は外傷による歯牙損傷、先天的欠如、矯正治療との併用の場合がほとんどです。
    年齢の上限はありません。
    当医院では80歳以上方でインプラント治療を行い、問題なく経過している患者さんも複数おられます。
    ただし、年齢を問わずインプラント治療を行えない、もしくは治療可能でも慎重に対応する必要があるような全身疾患をお持ちの場合は、 主治医の先生とよく相談の上進めさせていただきます。

  • インプラント治療のデメリットは?

    デメリットと言えるかどうか分かりませんが、やはり通常の治療と比較してコスト、治療期間はどうしても必要になってきます。
    また、患者さんご自身のやる気、治療終了後も自分の歯を自分で守ってゆくというモチベーションを持ち続けて頂く事が必要ですが、 当医院のスタッフも含め全力でサポートいたしますのでご安心下さい。

  • インプラント治療において大事なことは?

    前のQ&Aと重複しますが、別にインプラント治療にかぎらず、歯科治療全般にも言えますが、患者さんご自身の「きちん治そう、 治ったらいい状態を維持してゆこう」という気持ちです。
    これは患者さんに決して責任転嫁しているわけではありません。
    しかしながら、このような根本的な事が希薄な方もおられ、そのような状況ではとてもとても高度な治療は出来ません。
    場合によっては治療をお断りさせていただく場合もあります。